青汁をホットで飲んではダメ?栄養素が減るってホント?

ホットで飲む青汁
  • twitter
  • facebook
  • hatena

青汁を摂取する方法は、ほとんどが水や牛乳による飲用です。
「温めて飲んでもOK」という記載はほとんどないです。
※一部の青汁ではお湯での飲用も記載されています。

ただ、「冬場など冷たいまま飲むのはお腹も冷えるし、嫌だ」という人もいます。
そこで、青汁を温めて飲むと、どんなことが考えられるのか検証してみました。

栄養素で考えるとNG

どの青汁も、温めて飲むことを推奨していないのは栄養素の兼ね合いが大きいです。
青汁にはビタミンやミネラル、食物繊維など豊富な栄養素が含まれています。
そしてその中には、熱によって消滅しやすい成分も入っています。

具体的にはビタミンCやビタミンB1など。
他にも、酵素も熱に弱いとされています。

こういった栄養素が熱によって消滅、または減少してしまう可能性があるため、温かいお湯などで飲むのは良いとされていません。

実際、青汁の粉末は製造工程で加熱処理は一切加えられていません。
ほとんどが「フリーズドライ」と呼ばれる非加熱製法です。

野菜を液状にして、それを急速乾燥させて粉末状にしています。
そのため、栄養素がそっくりそのまま入っているというわけです。

わざわざこういった下処理をしてくれていますから、最後に加熱して飲んでしまうのは実にもったいないです。

加熱しても体に悪いわけではない

仮に青汁を温めて飲んだとしても体に害があるわけではありません。
ただ、加熱して減少してしまう栄養素もあるので、「栄養に魅力を感じない平凡な飲み物」に変わってしまうと考えた方が良いです。

そもそも青汁は、そんなに好き好んで飲みたいと思って飲む人はあまりいないでしょう。
優れた栄養素に魅力を感じて飲み始めた人がほとんどのはずです。
それなのにわざわざ栄養素の低い青汁を飲むメリットがありません。

ただ、完全に栄養素が減るわけではないので、温めて飲むことが悪いとは言いません。
ちょっと青汁の味に飽きてきたらココアなどに混ぜて飲むのも良いでしょうし、ケーキの材料として粉末を入れて焼くのも良いでしょう。

ただ、あくまでも気分転換にちょっとやる程度にとどめて、基本は水や牛乳で飲むのがベストです。

同じビタミンでもビタミンAやβカロテン、ビタミンEなどは比較的熱に強いと言われていますので、加熱しても栄養素を吸収できます。
加熱して何でもかんでも栄養素がなくなってしまったら、そもそも普段の食事でほとんど栄養素がないということになってしまいますからね。

青汁を温めて飲んでしまったら、何もかも無駄になるというわけではありませんが、魅力は半減すると理解しておきましょう。

加熱して飲んだ場合はビタミンCとビタミンB1が不足したことになるので、ピーマン、パセリ、芽キャベツ、明太子、イチゴなどを摂取して不足分を補ってみるのもよいかもしれません。

原料をチェックして青汁を選ぼう

もしどうしても温めて飲むことも検討したいのなら、できるだけ熱に強い栄養素多く含む原料が使われているものがお勧めです。
上記ちょっと触れましたが、ビタミンAやβカロテン、ビタミンEなどは熱によって消滅してしまうわけではないので、これらの野菜が入ったものがおすすめです。

具体的には、下記のような野菜が入った青汁を選んでみてはいかがでしょうか。

・明日葉
・ピーマン
・ほうれん草
・小松菜
・ブロッコリー
・パセリ
・春菊
・緑茶
・抹茶

特におすすめなのは明日葉です。
明日葉をメインとした青汁は下記の商品に入っています。

  • ふるさと青汁
  • 極の青汁
  • サンスター粉末青汁
  • ユーグレナファームの緑汁
  • こういったものなら加熱しても減少しにくい栄養素が多く入っているのでお勧めです。

    温かいものはまた別の料理で

    このページで白黒はっきり伝えるなら、青汁は温めて飲まない方が良いでしょう。
    せっかくの栄養素を減少させてまで、飲む意味はないと考えます。

    それだったら「青汁を飲んだ後に温かいお茶やコーヒーなどを飲」む、あるいは「食事の直前に青汁を飲んで、温かいご飯を頂く」といった食生活にしてみてはいかがでしょうか。

    青汁は食物繊維が豊富に含まれていますから、食前に飲むのはとてもおすすめです。
    血糖値の上昇を抑え、脂肪の吸収が抑えられます。

    単純にダイエット目的だけでなく血流の良化も期待できますので、健康面を考えてもお勧めな摂取方法です。
    青汁を飲めばサラダを食べたのと変わらないような血糖値上昇抑制効果が期待できます。

    まとめ

    以上、青汁をホットで飲むことのメリットやデメリットに注目して検証しました。
    結論としては、一部の栄養素の消滅や減少を招くリスクがあるので避けた方が良いです。

    時期によっては温かくして飲みたいという気持ちもあるかもしれません。
    しかしギンギンに冷えた水や牛乳で飲む必要なありませんから、冬場でもそんなに苦労せず飲めるのではないでしょうか。

    青汁を飲むときは栄養補給ということを第一に考えて毎日飲用していきましょう。

/公開日:2018年1月24日

青汁の知識カテゴリ

その他の青汁ランキング

青汁ランキング一覧・比較表

おすすめベスト5!青汁総合ランキング マイ青汁を探そう!目的別ランキング