青汁ランキング・比較表

安いコスパ良しの青汁
ランキングベスト5

おすすめしている青汁の中でも、値段が安く、コスパの良い青汁の人気ランキングです。ここでは、初回のお試し価格ではなく、通常購入した場合のコスパを計算してランキング付しています。安いから栄養価が低いということではく、野菜不足を補う成分などがたっぷり詰まっています。好みの青汁がここで見つかると経済的にも続けやすいですね。

  1. えがおの青汁(えがお)

    青汁ドリンク お試しあり おいしい
    青汁イメージ
    内容量 主原料 通販価格
    (お試し)
    コスパ
    (1回分)
    カロリー
    (1回分)
    4.5g×31袋 大麦若葉 901円
    (通常:2,980円)
    15円
    (通常:50円)
    -kcal

    青汁の特徴で比較しよう。

    • モンドセレクションで金賞を受賞した認知度の高い青汁
    • 18種類のグリーン素材配合で高い栄養価ながら、値段が安く続けやすい。
    • ごくごく飲めるコクのあるおいしさで、青汁粉末も溶けやすい。

    値段が安く、コスパ抜群で栄養価も十分な青汁です。モンドセレクション金賞の他、iTQI(国際味覚審査機構)でも最秀味覚賞を受賞するなど、評価が高いのではじめて青汁をはじめる方にもおすすめです。初回はシェーカープレゼントもあります。主原料は九州産の大麦若葉で、その他ケール、桑の葉、ほうれん草、はと麦若葉、明日葉、ゴーヤ、モロヘイヤなど全18種類のグリーン素材を配合。ビタミンやミネラル、食物繊維などが補給できます。また、化学合成農薬不使用、化学肥料不使用なので安心です。

  2. 飲みごたえ野菜青汁(エバーライフ)

    青汁ドリンク おいしい
    青汁イメージ
    内容量 主原料 通販価格
    (お試し)
    コスパ
    (1回分)
    カロリー
    (1回分)
    3g×60包 大麦若葉 5,120円
    (通常:5,694円)
    85円
    (通常:94円)
    11.9kcal

    ※価格は税別です

    青汁の特徴で比較しよう。

    • 健康食品や通販で有名な国産素材のエバーライフの青汁
    • 30品目の新鮮野菜やさかなやごまなど健康食品の栄養に加えて、ヒアルロン酸やローヤルゼリーも配合
    • 黒糖、きなこ、抹茶、米粉ブレンドで、青臭くなく、ほんのり甘い飲みやすい味

    厳選された30品目の原料をまるごと粉砕して入れる製法で栄養素を豊富に含んでいます。さらに使用している食材、淡色野菜や緑黄色野菜、さかな、しいたけ、いも、まめ、ごま、わかめなどはすべて国産なので、安心して飲むことができます。さらに美容成分の鉄分、ミネラルを含むクマザサやローヤルゼリー、ヒアルロン酸も配合なので女性にも嬉しい青汁です。

  3. 神仙桑抹茶ゴールド(お茶村)

    青汁ドリンク おいしい 子供OK
    青汁イメージ
    内容量 主原料 通販価格
    (お試し)
    コスパ
    (1回分)
    カロリー
    (1回分)
    3g×60包 桑の葉 5,415円
    (通常:5,700円)
    90円
    (通常:95円)
    10.5kcal

    ※価格は税別です

    青汁の特徴で比較しよう。

    • 老舗のお茶屋さんの青汁だから、お茶のようにおいしくごくごく飲める
    • 残留農薬ゼロの安心の天然素材100%。腸の働きを助け毎日スッキリ!
    • 初回限定で有田焼湯呑み、茶筅マドラープレゼント!全額返金保証も。
  4. 藍の青汁(純藍)

    青汁ドリンク お試しあり おいしい 子供OK
    青汁イメージ
    内容量 主原料 通販価格
    (お試し)
    コスパ
    (1回分)
    カロリー
    (1回分)
    3.5g×30包 1,800円
    (通常:2,970円)
    60円
    (通常:99円)
    11.9kcal

    青汁の特徴で比較しよう。

    • 濃くておいしい、特許取得成分の国産「藍」の青汁
    • 藍に含まれる豊富な食物繊維やが毎朝をスッキリどっさりに
    • 毎日の健康維持に欠かせないミネラル、鉄分、亜鉛などもふくまれています

    毎朝すっきりしたい人におすすめの藍が主原料の青汁です。野菜不足だけではなく、善玉菌とオリゴ糖で朝のスッキリを毎日おいしく届けます。食物繊維や鉄分、亜鉛、ミネラルが豊富な藍をはじめ、ビタミンやミネラルの大麦若葉、健康維持に用いられる有機桑の葉や自生クマザサなども配合されています。TVや雑誌などのメディアでも話題のようです。

  5. 桑の葉青汁(太田胃散)

    青汁ドリンク
    青汁イメージ
    内容量 主原料 通販価格
    (お試し)
    コスパ
    (1回分)
    カロリー
    (1回分)
    2g×60包 桑の葉 2,100円
    (通常:6,000円)
    35円
    (通常:100円)
    -kcal

    ※価格は税別です

    青汁の特徴で比較しよう。

    • 使用している食材すべてが国産素材
    • 野菜などの栄養に加えて、ローヤルゼリーやヒアルロン酸も配合
    • 栄養を効率よく吸収できる「ケサミンプラス」配合

    口コミでも人気が高く、既に売上が2億杯突破している、大手飲料メーカーのサントリーの青汁。お茶代わりに飲めるくらい飲みやすさとおいしさを追求し、原材料には国産が使用されています。食物繊維やビタミンEなどが多く含まれた「大麦若葉」や「明日葉」などで野菜不足を補うだけでなく、独自配合の「ケセルチンプラス」で、栄養の吸収力にもこだわっています。

値段が安いコスパ良しの青汁比較早見表

上記で紹介している「値段が安いコスパ良しの青汁ベスト5」の一覧をまとめました。それぞれ、タイプ(ドリンク、ゼリー、錠剤)、内容量、主原料、価格、コスパ、カロリーで比較しています。

  タイプ 内容量 主原料 通販価格
(お試し)
コスパ
(1回分)
カロリー
(1回分)
えがおの青汁満載 公式サイトへ ドリンク 4.5g×31袋 大麦若葉 901円
(通常:2,980円)
15円
(通常:50円)
-cal
飲みごたえ野菜青汁 公式サイトへ ドリンク 3g×60包 大麦若葉 5,120円
(通常:5,694円)
85円
(通常:94円)
11.9cal
神仙桑抹茶ゴールド 公式サイトへ ドリンク 3g×60包 桑の葉 5,415円
(通常:5,700円)
90円
(通常:95円)
10.5cal
藍の青汁 公式サイトへ ドリンク 3.5g×30包 1,800円
(通常:2,970円)
60円
(通常:99円)
11.9cal
桑の葉青汁 公式サイトへ ドリンク 2g×60包 桑の葉 2,100円
(通常:6,000円)
35円
(通常:100円)
-

※価格は税別です

すべての青汁の比較早見表

いちばん安い青汁は?お試し価格・定期コースでコスパ良く買う方法

ここでは安い青汁を一挙紹介していきます。単純に価格が安い青汁だけでなく、お試し価格が設定されている青汁など多角的に紹介していきます。とりあえずあまり高い青汁には手を出したくないという人は、ぜひ参考になさってみてください!

価格が安い青汁

まずは商品単価の安い青汁を紹介していきます。それはえがおの青汁満菜です。1杯あたりの価格はなんと15円!

他の青汁は1杯100円以上するものも多いので、100円を切っていればまだ安いです。それを考えると、1杯あたり15円というのはかなり破格な値段と考えて良いでしょう。

ちなみにサイトによっては、「桑の葉青汁(太田胃散)が最も安い!」と紹介しているサイトがあります。「1杯あたり38円」と紹介されていますが、今は価格が改定されて料金が高くなってしまっているので注意しましょう。

えがおの青汁満菜を1杯あたり15円で買えるのは、定期コースで31袋入りを買った場合です。さらに一気に買いたいという事なら、もっと安くなる方法もあります。

それは期間をおいた定期の3箱お届けコース!通常の定期コースだと14%引きですが、3箱だと18%引きになります。

ただ、どんな味か分からないのにいきなり大量に買う人もいないと思いますので、定期コースで1箱分の値段で紹介させていただきました。

定期ではなく通常購入だと1箱2,980円(税別)で、1杯あたり50円になります。それでも十分安いですね。

なお、1袋あたり4.5gなので、他の青汁と比べて内容量が少ないということもないです。他の青汁と同量入っていると考えて良いです。

他に安い青汁だと、飲みごたえ野菜青汁(エバーライフ)、神仙桑抹茶ゴールド(お茶村)、藍の青汁(黄金比率ダイエット研究所)、桑の葉青汁(太田胃散)などがあります。ただ、いずれにしてもえがおの青汁満菜ほど安いものは無いので、安さで選ぶならえがおの青汁満菜が一番おすすめです。

お試し価格が設定されている青汁

とりあえず試したいという気持ちがある人におすすめなのが、お試し価格が設定されている青汁です。いくつかピックアップしてみました。

  • 大麦若葉青汁キトサン
  • スイーツ青汁
  • すっきりフルーツ青汁
  • おいしい青汁
  • 本搾り青汁ベーシック
  • ステラの贅沢青汁

上記の青汁でお試し価格が設定されていました。ひょっとしたら、マイナーなところで他にもあるかもしれません。なお、贅沢青汁はサプリメントタイプなのでご注意ください。

そしてこの中で特におすすめしたいのがSweet青汁です。価格は驚きの500円!

これで税込送料無料ですから、ホントにワンコインのみで青汁が手元に届きます。さらにすごいのはお試し価格といっても少量だけ入っているのではなく、通常のサイズ1ヶ月分(30袋入り)が送られてくること。

4900円分のものが500円で試せる価格設定になっています。この青汁は従来の青汁よりもとても爽やかで、酵素が多く入っているのが特徴です。見た目もおしゃれで、ちょっとスムージーのような雰囲気があります。

青汁は食物繊維が多く入っているものが多いのですが、この青汁はそれにプラスして、3種類の乳酸菌が入っています。飲みやすさにも定評があるので、まずは500円でゲットしてみるのも良いですね。

ちなみに上記紹介した青汁についてもお試し価格を紹介しておきましょう。

  • すっきりフルーツ青汁:630円
  • 大麦若葉キトサン:1000円
  • おいしい青汁:1000円
  • 本搾り青汁ベーシックお試しセット:780円
  • ステラの贅沢青汁:1960円

ご覧のように非常にリーズナブルな料金設定になっています。ただし、上記紹介したものは初回のみの値段で、2回目以降は通常料金に戻ったり、あるいは割引率が落ちるので注意しましょう。

料金にこだわる人におすすめの青汁とは

値段が安い青汁、そしてお試し価格が設定されている青汁などありますが、最もおすすめしたい青汁はやはりえがおの青汁満菜ですね。

お試し価格の場合、結局は通常料金になってしまうと高い物が多いかなという印象です。例えばお試し料金でお勧めしたSweet青汁ですが、初回は500円で購入できるものの、2回目からは4400円。

1杯あたりに換算すると146円となり、むしろ平均相場よりちょっと高くなってしまいます。長期的な視野で考えると、やはり青汁自体の単価が安いものがお勧めかなと思います。

いくら健康に良いとは言え、やはり継続的に飲むとそれなりに費用もかかりますから、1杯あたり100円を切っているものの方が続けやすいのではないでしょうか。

安いく・コスパ良く購入する方法まとめ

以上、安い青汁について紹介しました。メジャーどころの青汁を比較した検証結果なので、安さにこだわりたい人は上記参考にしていただければと思います。

ただ、桑の葉青汁のように前は安かったのに料金が改定されるなんてこともありますから、購入の際は料金が変わっていないか必ず確認してみてくださいね!

その他の青汁ランキング

青汁ランキング一覧・比較表

おすすめベスト5!青汁総合ランキング マイ青汁を探そう!目的別ランキング