青汁ランキング・比較表

フルーツ味の青汁
ランキングベスト5

口コミで人気の甘くておいしいフルーツ青汁のランキングです。甘くて飲みやすいので、大人はもちろん、子供もごくごく飲んでくれると好評です。かつてのまずい、苦いということは一切なく、続けやすいことが特徴です。もちろん栄養価は高く、野菜不足の解消やダイエット時の栄養補給にも効果的です。

  1. GOKURICH(FEEL)

    青汁ドリンク お試しあり 甘くておいしい おいしい ダイエット
    青汁イメージ
    内容量 主原料 通販価格
    (お試し)
    コスパ
    (1回分)
    カロリー
    (1回分)
    3g×30袋 クマザサ 780円
    (通常:7,800円)
    26円
    (通常:260円)
    11.37kcal

    青汁の特徴で比較しよう。

    • 初回購入780円(税抜)1回だけの注文OK!
    • プロテインが配合されているので、やせやすい身体つくりをサポート。
    • すっきりとしたフルーツベースの甘さで飲みやすい。酵素、美容成分配合で、腹持ちもgood。

    全体的にすっきりさっぱりしたフルーツ系が多い中、このGOKURICHはどちらかというと濃厚なフルーツ感が楽しめます。マンゴーのような甘い香りそのままに味わいは実にフルーティーです。フルーティーで飲みやすいだけでなく、酵素や美容成分を含んでいるので効果的にもいうことなし。サイリウムハスク配合で満腹感が得られますし、成分に含まれるアフリカンマンゴノキは食欲を抑える効果が期待できます。つまり!ダイエットにも最適なんです。もしかしてGOKURICHって最強かも!?

  2. フレッシュフルーツ青汁(ビューティーマニア)

    青汁ドリンク お試しあり 甘くておいしい 子供OK 妊婦OK ダイエット
    青汁イメージ
    内容量 主原料 通販価格
    (お試し)
    コスパ
    (1回分)
    カロリー
    (1回分)
    3g×30包 大麦若葉 980円
    (通常:4,352円)
    32円
    (通常:145円)
    9.95kcal

    ※価格は税別です

    青汁の特徴で比較しよう。

    • フルーツ味で飲みやすく、112種類の生酵素、100億個の乳酸菌、美容成分配合の日本製!
    • ダイエット失敗、太りやすく痩せづらいの原因栄養不足を解消!しかも低カロリー
    • 初回1ヶ月分980円(税抜き)!1回だけの注文でもOK

    ごくごく飲めるフルーツ風味で、ほどよい甘みや飲み口がおいしいと口コミで評判の青汁。舌触りも粉っぽくなく、子供から大人まで飲むことができます。妊婦も大丈夫なようです。他の青汁では加熱処理により酵素がなくなってしまうことがありますが、フレッシュフルーツ青汁の場合は特許製法で生酵素の配合が可能となっています。国産の大麦若葉や明日葉、クマザサをはじめ、フルーツや野菜エキスなどで食物繊維や乳酸菌、ビタミン、ミネラル成分などが配合され、ダイエットや美容、毎日の足りない栄養摂取に向いています。

  3. めっちゃぜいたくフルーツ青汁(クラヴィス)

    青汁ドリンク お試しあり 甘くておいしい 子供OK 妊婦OK ダイエット
    青汁イメージ
    内容量 主原料 通販価格
    (お試し)
    コスパ
    (1回分)
    カロリー
    (1回分)
    3g×30包 大麦若葉 680円
    (通常:5,980円)
    22円
    (通常:199円)
    11.7kcal

    ※価格は税別です

    青汁の特徴で比較しよう。

    • 各国で楽天1位受賞!人気モデルぺこのダイエットで有名な青汁。
    • 4種の青汁原料、181の酵素、3種の美容成分など贅沢な栄養素。
    • 初回は89%OFF!1ヶ月分680円(税抜)、返金保証ありで試しやすい

    ぺこの青汁で雑誌メディアでも取り上げられた、ダイエットにおすすめの青汁。楽天の青汁部門でも世界各国で1位を受賞しています。味はおいしいフルーツ味で粉っぽさもあまりありません。ダイエットを押している青汁ですが、原料は大麦若葉やクマザサ、明日葉、甘藷若葉で、酵素や美容成分、毎日のすっきりをサポートするヨガフルーツや乳酸菌などの成分が配合されているので、健康のための栄養補給、野菜不足解消のために、子供から大人、妊婦さんまで飲むことができます。

  4. めっちゃたっぷりフルーツ青汁(シエル)

    青汁ドリンク お試しあり 甘くておいしい 子供OK 妊婦OK ダイエット
    青汁イメージ
    内容量 主原料 通販価格
    (お試し)
    コスパ
    (1回分)
    カロリー
    (1回分)
    3g×30包 クマザサ 680円
    (通常:5,980円)
    22円
    (通常:199円)
    11.7kcal

    ※価格は税別です

    青汁の特徴で比較しよう。

    • 美容外科医院長推薦のダイエット・栄養・美容を兼ね備えた、楽天食品部門1位獲得のフルーツ青汁
    • 配合されている酵素が149種類と圧倒的!1800万個の有胞子乳酸菌と植物性プラセンタも。
    • 初回1ヶ月分680円(税抜)、返金保証制度ありでお試ししやすい

  5. すっきりフルーツ青汁(メディアハーツ)

    青汁ドリンク お試しあり 甘くておいしい 子供OK 妊婦OK ダイエット
    青汁イメージ
    内容量 主原料 通販価格
    (お試し)
    コスパ
    (1回分)
    カロリー
    (1回分)
    3g×30包 大麦若葉 630円
    (通常:3,980円)
    21円
    (通常:132円)
    11.8kcal

    ※価格は税別です

    青汁の特徴で比較しよう。

    • モンドセレクション3年連続受賞!@cosmeの美容サプリメント部門でランキング1位のフルーツ青汁
    • ダイエット専門家と共同開発!81種類の酵素や乳酸菌、美容成分などを贅沢に配合
    • 初回1ヶ月分630円(税抜)とお試しやすい

    モデルも愛用していると、インスタなどSNSでも話題の青汁。国産の大麦若葉やクマザサ、明日葉野菜の他、フルーツ・野菜エキスや、ザクロなどの美容有用成分などの栄養に加え、酵素や乳酸菌、食物繊維、ビタミンC、プラセンタ、セラミドも一緒に摂ることができるので、体内からキレイになりたい方向けの健康食品です。ダイエットの専門家と共同で開発しており、モンドセレクションも3年連続受賞しています。他のフルーツ青汁に比べ、甘みが抑えられすっきりさっぱりしています。

フルーツ青汁の比較早見表

上記で紹介している「フルーツ青汁ランキングベスト5」の一覧をまとめました。それぞれ、タイプ(ドリンク、ゼリー、錠剤)、内容量、主原料、価格、コスパ、カロリーで比較しています。

  タイプ 内容量 主原料 通販価格
(お試し)
コスパ
(1回分)
カロリー
(1回分)
GOKURICH(ゴクリッチ) 公式サイトへ ドリンク 3g×30包 クマザサ 780円
(通常:7,800円)
26円
(通常:260円)
11.37cal
フレッシュフルーツ青汁 公式サイトへ ドリンク 3g×30包 大麦若葉 980円
(通常:4,352円)
32円
(通常:145円)
9.95cal
めっちゃぜいたくフルーツ青汁 公式サイトへ ドリンク 3g×30包 大麦若葉 680円
(通常:5,980円)
22円
(通常:199円)
11.7kcal
めっちゃたっぷりフルーツ青汁 公式サイトへ ドリンク 3g×30包 クマザサ 680円
(通常:5,980円)
22円
(通常:199円)
11.7kcal
すっきりフルーツ青汁 公式サイトへ ドリンク 3g×30包 大麦若葉 630円
(通常:3,980円)
21円
(通常:132円)
11.8kcal

※価格は税別です

すべての青汁の比較早見表

フルーツ味の青汁が選ばれる3つの理由と効果的な飲み方

ここではフルーツ味の青汁が好まれている理由を3つ紹介します。最近は果物入りの青汁が非常に増えてきていて、商品名に「フルーツ」という言葉が入っているものが多いです。

有名なところでは、スイーツ青汁、フレッシュフルーツ青汁、すっきりフルーツ青汁、めっちゃたっぷりフルーツ青汁など。

どうしても青汁というと、「苦くてマズそう」というイメージがあるため、商品名でそういったマイナスイメージを払拭しようという狙いがあるものが目立ちます。ただ、味だけでなく果物入り青汁は身体に与える作用を考えても、とてもおすすめです。

苦味を打ち消すフルーツ味

青汁は緑黄野菜のみ取り扱っているケースが多いです。主原料になっているのはケールや大麦若葉、クマザサ、明日葉など。

どうしても苦味があって、癖のある野菜が多いので飲みにくさは否めませんでした。それを打破しようと果物を複数配合したものが最近増えてきました。果物なら砂糖を加えず、甘みを含めることができます。

「果糖は砂糖の1.15倍から1.73倍の甘さがある」
(公益財団法人:中央ヶ月協会より)

という検証結果もあります。

さらに果糖は砂糖より甘さがあるにもかかわらず、1gあたりのエネルギーが4カロリーと非常に少ないです。ちょっとわかりやすい例で言うと、果物とショートケーキを同じ量食べたとして、果物はショートケーキの7分の1程度のカロリーで済みます。

つまり、「甘くて太らない」という理想的な成分なので、果物があった方が飲みやすさが断然アップするということです。苦味を抑えつつ、健康面でもヘルシーに仕上がっているのがフルーツ入り青汁の特徴です。

満腹感を助長してくれる

フルーツ入り青汁の魅力は、満腹中枢を刺激してくれること。果物は食物繊維が多く、水分を含んで膨張しています。そのため、「いっぱい飲んだ感じはするけど、実際の量は少ない」という状況になるので、満腹感を与えてくれます。

満腹感は見た目の大きさなども関係していますが、実際に食べた後の、身体への影響も関係しています。

果物の多くは、水溶性食物繊維を含有しています。例えば、マンゴーや桃、いちご、ブルーベリー、ライチ、パパイヤ、ビワなど。これらが胃の中に入ると膨張します。この状態が続くと、脳が満腹という反応を示します。

青汁の中でも例えばゴボウやモロヘイヤ、明日葉などが含まれていれば、お腹が膨らむ要素(水溶性食物繊維)があります。ただ、果物が入っていればさらにその感覚が強くなるということです。果物入りのほうが若干とろみもあって、飲み応えがあるものが多いです。

血液サラサラ効果も!

果物に含まれている豊富なビタミンやミネラル、食物繊維が血液をサラサラにしてくれる可能性があります。これらの成分が体内に入ると、コレステロールが下げられます。コレステロール値が高い人ほど動脈硬化になりやすいということがわかっているので、血管が詰まりやすくなります。

逆に言うと、コレステロール値を正常に保てれば、きれいな川のように血液がサラサラの状態。タンパク質を多く含んだご飯やお肉が血になる存在、果物が血を綺麗にする存在、と考えるとわかりやすいかもしれません。

動脈硬化を患った患者やコレステロール値が高い糖尿病患者なども果物を摂るように勧められることが多いです。医学的見解からも果物を定期的に食べることが推奨されているので、毎日続けることで血液状態が変化していくことでしょう。

効果的にフルーツ入り青汁を摂取する

成分をよりよく体内に吸収させたいなら身体のメカニズムを知っておくことも大切です。

人間の体は「浄化」、「摂取」、「吸収」の3つに分かれます。浄化は時間帯で言うと朝からお昼までの午前中、摂取はお昼12時から夜の8時くらいまで、吸収は夜中12時から朝方4時くらいまでと言われています。

ちなみに夜8時から夜中12時までの空き時間は、食べたもの消化するまでの時間です。人間の体は睡眠をとっている時が吸収しやすいので、消化時間を考慮すると夜8時までにはフルーツ入り青汁を飲んでおきたいところですね。

尚、果物や野菜は消化が早いので、必ずしも夜8時までに飲まなければいけないということもないです。ただ少なくとも睡眠の2、3時間前ぐらいまでに飲むような意識を持っておきたいですね。

また午前中は寝ている間に水分が発散されているので、それを補う意味でフルーツ入り青汁を飲むのもOKです。不規則な生活をしながら飲むことや、寝る直前に飲むのはあまり好ましくないので避けましょう。

フルーツ味の青汁が選ばれる理由まとめ

ここではフルーツ入り青汁の魅力や効果的な飲み方について紹介してきました。

やはり果物が入っているほうが飲みやすいですし、しかも栄養面でも野菜だけのものよりビタミンやミネラルも豊富に入っているのでお勧めです。これならちょっと野菜が苦手というお子さんなども簡単に飲めるのではないでしょうか。

その他の青汁ランキング

青汁ランキング一覧・比較表

おすすめベスト5!青汁総合ランキング マイ青汁を探そう!目的別ランキング