コストコで売っている青汁はどうなの?成分や価格を調べてみた

  • twitter
  • facebook
  • hatena

コストコで販売されている青汁が気になっている方もいるかもしれません。
ネット販売や他のスーパーなどで販売されている青汁よりも安いので、魅力的な要素がある反面、栄養素はどうなんだろう、などと気になってしまいますね。

そこで、一般的な青汁と比べてコストコで販売されている青汁は、どんな商品なのか詳しく調べていました!

永井海苔「フルーツ青汁有機大麦若葉」

フルーツ系の青汁

まず最初に紹介するのが、永井海苔という会社から販売されているフルーツ青汁です。
青汁なのに海苔の会社から販売されているというのが、ちょっと珍しいですね。

会社の主製品となっているものも焼き海苔やもずくなど海草系のものが多いです。
それにもかかわらず、なぜ青汁を販売しているのか気になります。

永井海苔「フルーツ青汁有機大麦若葉」の原料を見ると、フルーツを多めに使っていることがわかります。

  • パパイヤエキス粉末
  • アップル果汁粉末
  • レモン果汁粉末
  • ピーチ果汁粉末
  • オレンジ果汁粉末

やはり青汁はどうしても苦いものですから、それを補完する意味でもフルーツを多めに使っているのではないかと考えられます。
そして海苔の会社ということもあり、「海藻カルシウム」が入っています。
「海藻カルシウム」というのは会社がネーミングしたと考えられます。

海藻はカルシウムが豊富で、さらにカルシウムの吸収を助けるマグネシウムも入っています。
乳製品に次いで、吸収率の高い食材として人気です。

それを配合しているので「海藻カルシウム」という名前をつけたのかもしれません。
なかなか青汁に海藻が入っているものは見かけませんから、これが永井海苔から販売されている青汁の大きな特徴と言えるでしょう。

個人的には、「海苔の青汁」などとネーミングした方が、よっぽどインパクトがある気がしますが・・・(苦笑)。
フルーツ青汁自体は他にもたくさんありますからね。

ただ、やっぱりイメージ的なことを考えるとフルーツを前面に押し出した方が「飲みやすそう」と考える人が多いため、このようにネーミングしたのかなと思われます。

成分的にはどうなの?

1袋(3g)につき、100mlで飲むことを推奨しています。
他の青汁だと同様の3gでも、150mlから200ml程度で飲むことを推奨しているので、そう考えると若干この青汁は薄いのかなという気がしないでもありません。

そしてこの3gに含まれる栄養素は下記のようになっています。

エネルギー:9カロリー
たんぱく質:0.2g
脂質:0.05g
炭水化物:2.4g
糖質:1.3g
食物繊維:1.1g
食塩相当量:0.01g
カリウム:44mg
カルシウム:206mg
マグネシウム:3.4mg
鉄分:0.19mg
ビタミンA:1.8から15.8μg
ビタミンB1:0.034mg
ビタミンB2:0.042mg
ビタミンB6:0.038mg
ビタミンB12:0.055μg
ビタミンE:0.08mg
ビタミンK:15μg
葉酸:8μg
パントテン酸:0.14mg
ビオチン:1.2μg
ナイアシン:0.45mg

まあ、この成分を見ただけで良いのか悪いのかわからないでしょう。
結論から言うと、他の青汁に比べて可もなく不可もなくといったところでしょうか。

ほとんどの青汁が1杯あたり10カロリー前後となっていますし、脂質や糖質も非常に少ないです。
永井海苔「フルーツ青汁有機大麦若葉」はフルーツをたくさん使っていますが、取り立てて糖質が高いということもないです。
そう考えると非常にバランスの良い青汁と言えます。

唯一懸念材料は製造工程?

栄養価も十分あり、まったく問題ない青汁のように感じます。
ただ1点、気になる要素があります。

それは製造工程
この青汁はレモンの果汁やオレンジの果汁が入っています。
ということはそのままの素材を生かすことになれば、ビタミンCも多く含有しているはず。

しかし、栄養素の成分一覧にビタミンCの記載が一切ありません。
これは製造工程において加熱処理を行い、ビタミンCが消失しているのではと考えられます。

ビタミンCは非常に熱に弱いもので、加熱処理を行うとほとんどなくなってしまいます。
その結果、成分表には記載できなくなったのでは、と推測されます。
ただ、この青汁は製造工程まで詳しく説明されていないので、それはあくまでも推測に過ぎません。

ビタミンCを含有している青汁には、フリーズドライと呼ばれる真空凍結乾燥法を採用しているものが多いです。

簡単に言うと、加熱しないで乾燥させて、粉末にする方法。
この青汁は、その製造工程を経ていないのかなという印象があります。
ビタミンCも大事な栄養素だと考えている人は、この青汁以外が良いかもしれませんね。

価格はどうなの?

最後に価格についても見ていきましょう。
永井海苔「フルーツ青汁有機大麦若葉」の内容量は3g×90袋。

1箱で税込2,998円となっています。
90杯分と考えると、1杯あたり33.3円です。

これは他の青汁と比べてもめちゃくちゃ安いです。
高いものだと1杯あたり100円を超えてきますからね。
価格が近いもので言うと、極の青汁と同等です。(極の青汁は最安値1杯50円で購入可能です。)

価格を重視して購入したいという人には、かなりリーズナブルですのでお勧めです。

ただ、コストコはご存知の通り、会員制のスーパー。

もともとコストコ会員の方であれば、この青汁を検討する価値があると思いますが、4,000円強の会費を払ってまでわざわざこの青汁を買おうということでしたら、楽天からでも購入できます。

楽天市場 ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

永井海苔 フルーツ青汁 3g×90包入 270g 大麦若葉
価格:3580円(税込、送料別)

山本漢方の大麦若葉おいしい青汁

漢方製薬会社から販売されている青汁

そしてもう一つ、コストコから販売されている青汁を紹介しましょう。
それは山本漢方製薬株式会社から販売されている大麦若葉を主原料とした青汁です。

コストコから販売されている青汁は、海苔の会社と、製薬会社から販売されている青汁を取り扱っているということでちょっと異質な青汁が多いですね(笑)

こちらは大麦若葉以外の原料記載がありません。
大麦若葉1本にこだわっている青汁です。

フルーツが入っていませんから、甘みも少ないですし、はっきりいってかなり苦いです。
青汁のイメージをそのまんま体現したような青汁と言っても良いかもしれません。

この青汁が製薬会社から販売されているなと感じるのは、栄養成分について細かく分析していること。

世の中にはたくさんの青汁がありますが、めちゃくちゃアバウトな青汁も多いです。
原料しか書いていなかったり、栄養素がほとんど書いていなかったりなど・・・。

しかしこの山本漢方から販売されている青汁は、成分の表記が非常に多いです。(後ほど紹介します)
また、原料の成分を表示するだけでなく、カフェインが入っているかどうかという検出結果まで出ています。

これぐらい調べてもらったほうが、妊婦の方や授乳中の方は安心して飲めるかなと思います。

成分はどうなの?

こちらの青汁も1杯あたり3gの粉末を使用します。
その1杯あたりに含まれる成分です。

エネルギー:12カロリー
たんぱく質:1.0g
脂質:0.2g
糖質:0.2g
水溶性食物繊維:0.05g
水溶性食物繊維:1.19g
ナトリウム:9.3mg
カリウム:96mg
カルシウム:8.7mg
マグネシウム:4.8mg
リン:11.1mg
鉄分:1.25mg
亜鉛:0.10mg
銅:0.03mg
マンガン:0.12mg
カロテン:761μg
ビタミンE:0.36mg
ビタミンK:111μg
ビタミンB1:0.02mg
ビタミンB2:0.0410mg
ナイアシン:0.12mg
ビタミンB6:0.02mg
ビタミンB12:0.02μg
葉酸:12μg
パントテン酸:0.06mg
ビタミンC:2.1mg
ビオチン:0.24μg
クロム:0.01mg

他にもアラニンやアルギニンなどアミノ酸もたくさん書いてあるのですが、あまりにも多すぎるので割愛します。
一言でいえば、ビタミンやミネラル、アミノ酸が多く含有している青汁というのは間違いないです。

山本漢方「大麦若葉おいしい青汁」は、しっかりとビタミンCの記載もあるので、成分の良さを殺さないように作られていることがわかります。

飲みやすさは上記紹介したフルーツ青汁の方が良いかもしれませんが、栄養素で考えるとこちらの青汁のほうが上かなという印象です。

価格はどうなの?

山本漢方製薬の大麦若葉青汁は、3g×168袋入りで税込3,980円となっています。
1杯あたりに換算すると23.6円。

実店舗で購入すればこの価格で済みますが、コストコの通販で買った場合は送料が発生するので、実際はどの地域の方でも30円前後になるかなという感じです。

ただ1杯あたり30円程度だったとしても安いことには変わりません。
他の青汁で1杯あたり30円の青汁なんてまずありませんから。

値段と栄養素を重視する方には、おすすめの青汁かなと思います。
ただ、大麦若葉がメインとなっていますのでそのまま飲むにはちょっと辛いというのも正直な感想です。

牛乳を加えたり、バナナを加えたりなどしてクセを防ぐのも一つの方法です。

楽天市場 ↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

山本漢方 大麦若葉 青汁 168パック(3g×28包×6袋)504g
価格:3980円(税込、送料別)

まとめ

以上、コストコで販売されている青汁について検証しました。
値段の面で考えると、かなり良いかなと思います。
1杯あたりも非常に安いですし、継続するにはお手ごろ価格です。

あとは実際に飲んでみて、自分の好きな味かどうかというところでしょう。
もともと野菜好きの人でもやはり、大麦若葉のみというのはちょっとクセのあるものです。
市場に野菜として出回っていないことが何よりの証拠でしょう。

まろやかさや後味などを意識したい人は、ちょっと飲み方の工夫がない限り、毎日飲むにはきついかもしれません。
飲みやすさ重視の人はフルーツ青汁のほうを選んでみてはいかがでしょうか。

コストコの青汁以外にも安くておいしい青汁を探すことはできます。コストコに頻繁に通っている人はいいと思いますが、なかなかコストコに行くことはないという人は通販で青汁を頼んでみてもいいかもしれません。
青汁は継続することが大事なので、1回だけ購入して飲んでみても意味がありません。

青汁を選ぶ際には、値段・味・栄養をしっかりと考えたうえ、継続できる青汁を選びましょう。

/公開日:2018年4月8日

青汁の知識カテゴリ

その他の青汁ランキング

青汁ランキング一覧・比較表

おすすめベスト5!青汁総合ランキング マイ青汁を探そう!目的別ランキング