ドラックストアや薬局で市販の青汁はどう?通販との違いは?

市販・ドラックストアの青汁
  • twitter
  • facebook
  • hatena

ここではドラッグストアや薬局で販売されている青汁と、ネットが主流の青汁の違いについて検証していきます。
それぞれ利点があるので、どちらが良いかは人それぞれの判断が違うかと思います。

ただ、具体的な違いが分からないと自分に合った方がわかりにくいと思うので、そういった差異をここでは紹介します!

市販の青汁

まずは市販されている青汁です。
市販と通販の両方で売られている青汁もあるのですが、市販でよく見かけるものというと下記のようなものがあります。

  • ヤクルト :ヘルスフーズ私の青汁
  • 伊藤園 :緑茶ですっきり飲みやすい毎日一杯の青汁無糖
  • 伊藤園 :豆乳とはちみつ入りでおいしい毎日一杯の青汁有糖
  • ジャパンギャルズ :SCおいしい酵素青汁
  • 日本薬健 :金の青汁25種の国産野菜

マツモトキヨシなどのドラッグストアでよく見かける青汁です。
値段は概ね1000円台が多いです。
成分を見ると、大麦若葉やケール、明日葉などネットで販売されているものと変わらない原料のものが多いです。

時折、「市販のものは原料が少ないから安いんだ」などと根拠なく伝えているサイトもありますが、原料を比較して通販の青汁と大差はありません。

例えば「伊藤園 豆乳とはちみつ入りでおいしい 毎日1杯の青汁有糖」。
こちらの原材料は下記のような形です。

・大麦若葉粉末
・緑茶粉末
・ブロッコリー粉末
・スピルリナ
・豆乳粉末(麦芽糖、豆乳)
・マルトデキストリン
・でん粉
・ほうれん草粉末
・はちみつ粉末(デキストリン、はちみつ)
・ケール粉末
・サンゴカルシウム

通販で販売されているものとまったく遜色ないので、市販と通販で原材料の違いはないと考えて良いでしょう。

通販の青汁

通販中心の青汁では下記のようなものがあります。

値段にばらつきはありますが、だいたい2,000~3,000円台といったところです。
若干市販のものより高い印象があります。

成分は市販のものとほぼ一緒です。
大麦若葉、ケール、明日葉を軸に多くの野菜が配合されています。
中には果物がたくさん配合されているものもあり、飲みやすさも考慮されています。

また通販の場合はランディングページというものが用意されていて、そこで商品について詳しく記載されているものが多いです。
縦にやたら長く、スクロールしながら見るページを見たことがある方もいるでしょう。

市販のものだとせいぜいパッケージの裏に「原材料」などと書いてあるだけです。
原料が中国のものだとしても、そこまで書かれていないケースが多いです。

通販だと、「どこの誰が育てた大麦若葉なのか」、ということも書いてあったりしますね。
そういった意味では安心感は通販の方があるかもしれません。

どっちを購入すればよいのか?

自分にとって買いやすい方を選んでみるのが良いかと思います。
それぞれメリットがあるので、箇条書きでまとめてみました。

【市販青汁のメリット】

・近所で見つけてその場で即購入できる
・値段が安いものが多い
・ネットが苦手な人でも簡単に買える

  

【通販青汁のメリット】

・どんな商品なのかじっくり吟味できる
・お試し価格が設定されていることがある
・定期購入の場合は数%安くなっている
・毎回買いに行かなくて良い

上記のようなメリットがあります。
市販のものは思い立ったらすぐその場で買えるので、ネットでいちいち記入するのが面倒くさいという人はお勧めです。

逆に通販の利点で最も大きいのは、お試し価格。
安いものだと500円程度、その他でも1000円程度で購入できるものが多いです。

市販のものでお試し価格で販売されているものはありませんからね。
「青汁ってどんな感じなんだろ?」と、ちょっとした興味本位の人は通販のお試し価格から始めてみても良いかもしれません。

お試し購入や返金保証がある青汁はコチラ

もし市販と通販で両方販売されているものがあったら、間違いなく通販で買った方が良いです。
お試し価格で試して、その後定期購入で買えば、一度も通常価格で買う必要がなくなります。

ドラックストアなどで購入しようと思っても、なかなか青汁は割引されていることがないです。
1回限りの購入なら市販でも通販でも値段は変わらないですが、継続しようと考えたら通販の方がお勧めです。

市販の青汁と通販の青汁で迷っている人におすすめの青汁

市販の青汁と通販の青汁で、それぞれのメリットデメリットはあるものの、私の経験では、市販の青汁を飲んでいる時期もありました。
おいしく飲むことは出来ていたのですが、買いに行ける時と買いに行けない時があり、買いに行く時間がなくなると、そのまま青汁を飲む習慣もなくなってきてしまいました。

せっかく続けていたのにやめてしまうのはもったいないと思ったのですが、忙しい時期になるとやっぱり買いに行けなくなりました。

そこで、半強制的にでも青汁を飲む習慣をつけようと思い、市販から通販の青汁に変えることに決めました。
値段はそこまで変わらないし、いつでも家にあるので朝起きて飲むという習慣を継続することが出来るようになりました。

私が注文したのはリッチグリーン。添加物一切不要、無農薬というところと酵素がしっかり摂れるということで決めました。

通販の青汁は、ほとんどが粉末状なので毎朝水で溶かしながら飲んだり、料理に使ったりしていますが、めんどくさいことはしないですぐに飲みたいという人には、森永製菓のおいしい青汁がいいと思います。
パックで送られてくるので市販の青汁と変わらずすぐに飲むことが出来ます。

まとめ

以上、ドラッグストアや薬局で販売されている青汁と、通販で購入できる青汁の違いについて検証しました。
整理すると、下記のような考え方でどちらが良いか考えてみてはいかがでしょうか?

1、市販と通販の両方で販売されているか調べる
2、通販で販売されている場合、お試し価格があるか調べる
3、成分をチェックして安心できるか調べる
4、満足できる価格なのか調べる
5、気に入った青汁があった場合、定期購入を検討する

最初はもし市販で気になる青汁があっても、通販でお試し価格があるか調べるのが得策です。

おすすめの青汁人気ランキング

/公開日:2017年12月27日

青汁の知識カテゴリ

その他の青汁ランキング

青汁ランキング一覧・比較表

おすすめベスト5!青汁総合ランキング マイ青汁を探そう!目的別ランキング