大正製薬ヘルスマネージシリーズ3種類飲み比べ!飲み比べレビュー

大正製薬青汁
  • twitter
  • facebook
  • hatena

似たような名前だと、何が違うのか気になったりしませんか?

青汁ですと、「大正製薬のヘルスマネージ」シリーズです。

ヘルスマネージまでは一緒なのに、そのあとが違いますよね。

「結局、どうなの?」に焦点をあて、飲み比べることで、ヘルスマネージ3種類の違いを明らかにしてみました。

助けて!大正製薬さん!

年齢を重ねる毎に、身体的な機能が落ちてきて体型が変わりやすくなります。

「コレステロール値が危険!」
「血糖値なんかヤバい・・」
「大人にきびや肌荒れが増えてきた」

当然、こんな悩みも増えますよね?

健康と美を気にする女性はもちろん、男性だって同じことが当てはまります。

なぜかというと・・・

男性は女性よりも体型を気にすることなく、お酒も飲む方が多いですし、食事もカロリーを気にする人はほとんどいないです。

簡単に言えば、暴飲暴食気味です。

「ボヨンボヨンお腹」
「メタボ予備軍」
「高血圧」

これらは中高年の男性にはよく見られる症状です。

この状態が続くと今は良くても将来的に健康を損ねてしまう可能性が高いです。

そこで青汁メーカーの中でも製薬会社として確固たる地位を築いている大正製薬さんになにか効果がありそうな青汁ないかな?と探してみたところ発見しました!

その名もヘルスマネージ。

直訳すると「健康を管理する」

ぜひ、管理してもらいたいですよね!

こうして救いの手は大正製薬さんの青汁に委ねられたのでした。

ご自身はもちろん、愛する旦那様の健康対策の救いの神になるのはどの青汁でしょうか??

大正製薬ヘルスマネージシリーズ比較で一目瞭然!

成分と飲み比べた結果を表にしてみました。
味に関してはデキストリンを比較対象として、どう違うのかを記載してあります。

商品名 大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン 大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁デキストリン 大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉乳酸菌青汁
成分 大麦若葉末、還元麦芽糖、抹茶/キトサン(カニ由来)、トレハロース、増粘多糖類 水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)、大麦若葉末、抹茶、緑茶抽出物 大麦若葉、ポリデキストロース、難消化性デキストリン、還元麦芽糖、抹茶、ゴボウ末
キダチアロエ末、ゴマ末、キャベツ発酵エキス、乳酸菌末(殺菌)、ビフィズス菌末(殺菌)
植物性乳酸菌末(殺菌)/増粘多糖類
期待できる効果 コレステロール値の低下 血糖値の急上昇の抑制 毎日のすっきりサポート
定期便初回限定価格 980円 980円 980円
定期便2回目以降価格 3,420円 3,420円 3,240円
通常価格 3,800円 3,800円 3,600円
定期しばり なし なし なし
送料 なし なし なし
機能性表示 ×
カロリー 9.7kcal 9.0kcal 8.1kcal
飲みやすさ※1 デキストリンよりざらつき感あり。やや苦い デキストリンよりなめらか。抹茶感濃厚
安全性

※1 比較対象はデキストリンとします。
※ 金額はいずれも税抜価格です。

大正製薬ヘルスマネージシリーズ飲み比べ比較 見た目の色

大正製薬
粉の状態
大正製薬
溶かした状態:上から
大正製薬2
溶かした状態:横から

色合いを見ると、

デキストリン<キトサン<乳酸菌青汁

というように緑色が深まっているのがわかります。

大正製薬ヘルスマネージシリーズ飲み比べ比較:まとめ

キトサンとデキストリンはトクホの青汁です。

キトサンは飲み続けて約4週間後に悪玉コレステロール値の低下がしたという臨床結果がでています。

デキストリンは飲んだ後30分後に血糖値の上昇を抑える効果があるという臨床結果がでています。

乳酸菌青汁は乳酸菌の効果効能から便秘改善に期待が持てます。

この結果から一番即効性があるのは、デキストリンといえそうです。

悩んだらデキストリン

このヘルスマネージシリーズは目的別に飲むのが一番効果的です。

ただ、血糖値・コレステロールの値が正常値で、年齢的に健康を意識する方が選ぶとしたら、デキストリンです。

コレステロールよりも便秘よりも、一番ケアしたいのは血糖値です。

現代では、成人の約20%は、食後に急激に血糖値が上がる「血糖値スパイク」と呼ばれる状態にあるといわれています。

健康診断は胃の中が空っぽの状態で血糖値の検査をするため、この血糖値スパイクは健康診断でも見つかりにくいです。

だから健康診断に異常がない方も、痩せている人であっても、食事後はもしかしたらすでに血糖値スパイクが起きている可能性があります。

血糖値スパイクが原因で糖尿病や動脈硬化などのリスクは高まります。

反対にいえば、急激な血糖値上昇を緩和することができれば、病気のリスクが抑えられるといえそうですよね。

迷ったら大正製薬ヘルスマネージ大麦若葉青汁デキストリンです。

他にもデキストリンには、副次的にコレステロール改善や便秘改善も期待できるということもあります。

実はコレステロールは、日々の食事でもだんだんと減らすことができます。

いくつかポイントはありますが、食物繊維が一つのカギです。

食物繊維がコレステロールにくっついて排出するからです。

この3つのヘルスマネージシリーズの食物繊維の含有量は

キトサン:1.0g

デキストリン:5.9g

乳酸菌青汁:1.7g

つまり、デキストリンを飲めば、食物繊維がしっかり摂れます。

食物繊維が多いので、コレステロール改善にも徐々に効果が期待できるし、毎日のすっきりサポートも期待できます。

ただ、こじつけのような理由を探さなくても、デキストリンはお茶っぽいので毎日飲むには最適ですよ。

美と健康を意識する女性はもちろん、健康になりたい男性にも飲んでもらいたい青汁ですね!

デキストリンサイト

もう少し詳しく知りたいという方は関連ページをクリックしてみてください。

公開日:

青汁の知識カテゴリ

その他の青汁ランキング

青汁ランキング一覧・比較表

おすすめベスト5!青汁総合ランキング マイ青汁を探そう!目的別ランキング